鹿児島で庭や外構リフォームを頼むなら|株式会社フチワ

株式会社フチワ

株式会社フチワ
建設業 県知事認可(般-27)第15483号

099-298-5976

庭の水はけを改善したい。外構工事で排水溝、集水マス、コンクリート舗装で解決

更新日:

お庭や駐車場の水はけが悪く、雨が降ると水溜りができてお困りの場合、外構工事で解決する方法があります。
水はけが悪くなる原因には陥没、水勾配の問題、排水管の詰まり、舗装されていないなどさまざまな原因があります。
お庭や駐車場の状況に合わせて、砂利の敷きならし、陥没を埋める、水勾配をとる、集水マスを設置する、側溝を設置する、コンクリートなどで舗装するなどの外構工事の方法があります。

どうして水はけが悪くなる?

庭や駐車スペースで水はけが悪くなり、雨が降ると水溜りができてしまう場合があります。
水はけが悪くなるのには、いくつかの原因があります。

陥没が起きている

土の下で、水が溜まって空洞に水が流れていって陥没が起きます。
新しく盛り土をした場合には、時間が経つとある程度土自体は縮んでいきます。
土の中に元々あった空洞に水が流れることで、土を持っていかれてしまい、陥没が進んでしまいます。

水勾配を考慮していない

土だから水勾配を元々特に配慮せずに工事している場合もあるようです。

排水溝・配管の詰まり

排水管や配管に枯葉がつまることで水はけが悪くなり、雨が降ると水が溢れる場合があります。
鹿児島だと火山灰も一緒につまることもあります。

コンクリート舗装やアスファルト舗装をしていない

駐車場や駐車スペースで土や砂利の場合だと、車が出入りすることで、タイヤの轍ができ土や砂利が掘り下がっていき、雨が降るとそこに水が溜まるようになってしまいます。
時間が経つほどにどんどんひどくなる傾向があります。
家の裏など車が入らないところは砂利でも十分です。
砂利、砕石などもしめ固まっていくものとそうでないものがあります。

庭の水はけ改善・排水工事

こういった水はけの悪い状態は、外構工事で改善することができます。

砂利・砕石の敷きならし

車の入らないところには費用があまりかからない砂利・砕石の敷きならしがおすすめです。
砂利や砕石を敷いてならし、水はけが良くなるように工事します。

陥没の埋め戻し

陥没がある場合は埋め戻し工事が必要です。
しっかり詰めるので再び陥没する心配はあまりありませんが、再びの陥没を防ぐためにコンクリート舗装して蓋をする工事もおすすめしています。
車が入らない場所なら砂利・砕石の敷きならしもおすすめです。

水勾配をとる

適切に排水できるよう水勾配をとって整地します。
土が剥き出しだと、どうしてもぬかるみやすくなったり、家の玄関の中まで靴に土がついて持って上がってしまいストレスを感じることになってしまうのではないでしょうか。
また、雑草が生えてきてしまうのでお手入れに手間がかかってしまうデメリットもあります。
水勾配を取ったうえで、砂利・砕石の敷きならすか、コンクリート・アスファルト舗装を併せて工事するのがおすすめです。

集水マス・配管を設置する

水溜りができていて勾配が取れていない場合などには、地中に排水マスという水を集める穴を設置し、そこから配管を通して外の側溝に雨水を流す設備を敷設します。
庭に降った雨水などは、勾配をつけて排水マスに向かって集まるように流れるようになります。
雨水が多いところや、水勾配だけで流せないところ、側溝を入れられない場合などに設置します。
砂利・砕石を敷きならすか、コンクリート・アスファルト舗装どちらかと併せて工事することをおすすめします。

側溝を入れる

水溜りができていて勾配が取れていない場合などには側溝を設置します。
側溝を設置して、水を適切に排水します。
雨水が多いところで枯葉などが多く、配管では詰まりがちな場所には、掃除のしやすい側溝を設置することをおすすめします。

コンクリート・アスファルトで舗装する

土が剥き出しの場合や、特に駐車場、駐車スペースにはコンクリートまたはアスファルトでの舗装がおすすめです。
同時に水勾配を取りつつ、コンクリートやアスファルトで舗装して固めてしまいます。

駐車場増設

まとめ

お庭や駐車場・駐車スペースで水はけが悪く、水たまりができてしまう原因を簡単にご紹介させていただきました。
陥没が起きている場合には、そのまま放置するとさらに状態が悪くなる場合もあり早めの調査・対応が必要です。
水勾配が取れていない、排水管や配管が枯葉などで詰まっているなど、ご自分では原因がわからない場合にも、一度お気軽にご相談ください。
まずはお庭がどんな状況下、何が原因で水はけが悪くなっているのかを調査いたします。
さらに、お庭や駐車場・駐車スペースの状況や用途、ご予算に合わせて、お客様に最適な外構工事をご提案いたします。
今回は、砂利・砕石の敷きならし、陥没の埋め戻し、水勾配をとる、集水マス・配管を設置する、側溝を入れる、コンクリート・アスファルトで舗装すると、費用がかかりにくい順にご紹介しました。
お庭の水はけでお困りでしたら、まずはお気軽にフチワまでご相談ください。

-ブログ, 外構工事

Copyright© 株式会社フチワ , 2022 All Rights Reserved.